作用

うつ病の原因はストレスと言われています。
ストレスは目に見えない物ですが、これは人間の健康に大きな害を与える物なのです。
ストレスを加えられた人間は、知らず知らずのうちに免疫力がグングンと下がっています。
ストレスがかかると、人間の細胞は動きが悪くなり、免疫細胞なども上手く働かなくなってしまいます。
また、神経も正常に反応しなくなり、自律神経失調症のような状態になる事もあります。

心療内科でのカウンセリングを利用してストレスを軽減したり、発散する方法を知る事で改善できます。
また、あまりにも強いストレスがかかる状態にいると、自分が限界である事を認識出来ないくらいに感覚が麻痺してしまいます。
その状態を続ける事により、突然なんでもないきっかけでうつ病になったり、突発的に自殺してしまったりする事になります。
日本では嫌な事から逃げ出すのは悪だという風潮があります。これが悪い方向に作用する事により、うつ病患者や自殺者を増やしているのです。

更に、現在就職難や不況によって仕事が無い若者にとっては、会社を途中で退職してしまう事は死活問題になります。
借りに今逃げ出せば、再就職が難しくなるのは当然なのです。
その為に我慢せざるを得ない状態になり、限界を突破して自殺するという結果になってしまうわけなのです。